All post

858: 
   2015.08.19   詩のようなもの   ----- 待ち続ける理由いっぱい間違えたから君に伝-----
856: 
   2015.08.09   詩のようなもの   ----- そろそろ閉鎖かんがえてます。待ち人はきま-----
855: 
   2015.06.18   詩のようなもの   ----- そろそろ気持ちに整理をつけて歩き始めなき-----
854: 恋心
   2015.05.24   詩のようなもの   ----- あなたを想うと心が 花畑になります優し-----
853: いきるということ
   2015.04.29   なんとなく文章   ----- 1つの大きなことが終わって花が枯れてしま-----
852: 散り逝くとき
   2015.04.11   詩のようなもの   ----- 桜は あたしの代わりに散りました儚く ひ-----
851: ほんとの気持ち
   2015.04.11   未分類   ----- わがままなんて、いくらでも言えたけど黙っ-----
850: 
   2015.03.02   詩のようなもの   ----- 帰り道がわからなくなった僕は前に進むの?-----
849: 
   2015.02.05   詩のようなもの   ----- 前に進むと決めたのに過去の一部が 心に-----
847: 届く
   2015.01.04   なんとなく文章   ----- 届かないとわかっていたけどあまりに君が疑-----
846: 優しさ。
   2014.12.29   詩のようなもの   ----- 探していた優しさは空にありました。-----
845: リセット
   2014.09.21   詩のようなもの   ----- ねぇ、刺しちゃったまた 最初からやり直せ-----
844: ヒトコト
   2014.09.16   詩のようなもの   ----- たったヒトコトで積み上げてきたものを 壊-----
843: リストカット
   2014.09.07   詩のようなもの   ----- 僕を見てって泣いたの?そうやって 君は -----
841: 尽きた後
   2014.08.23   詩のようなもの   ----- 何も見えない真っ暗で後は焼かれるだけ熱さ-----
840: 言えずのまま
   2014.08.11   詩のようなもの   ----- さよならやっと言える気がする-----
839: 死顔
   2014.08.02   詩のようなもの   ----- 幸せそうな顔をしていた眠るように-----
838: 僕らは
   2014.07.30   詩のようなもの   ----- 翼がなくても僕らは自由歩け未来へ-----
836: 枯れていくさま
   2014.07.19   詩のようなもの   ----- 花が枯れていくさまを何もせず ずっとみて-----
835: 青い空
   2014.07.15   詩のようなもの   ----- 待っていても彼は来ないからそろそろ 歩-----
834: 帰り道
   2014.07.09   詩のようなもの   ----- 雨粒は 傘から ポロリ ポロリと零れてる-----
833: 愛なんて。
   2014.07.06   なんとなく文章   ----- 最近は、特別何か書きたくなるという事がな-----
832: 綾へ
   2014.07.02   詩のようなもの   ----- お誕生日 おめでとういつも、見守ってい-----
831: 終着点
   2014.06.19   詩のようなもの   ----- 君と ふたりで行き着く先まで愛しているよ-----
830: 闇 病
   2014.06.10   未分類   ----- 雨はいつか止むし朝が来ない夜もないなのに-----
829: 白い翼
   2014.06.05   未分類   ----- 黒いと言った君は 傷つきやすいから黒く-----
828: 留まる理由
   2014.06.02   未分類   ----- 今、私は 悩んでいる悩んでいるということ-----
826: 別れ
   2014.05.31   詩のようなもの   ----- 旅立っていくあの人が安らかな 眠りにおち-----
825: 落とし物
   2014.05.22   詩のようなもの   ----- 悲しみが 落ちている君の下に-----
823: 
   2014.05.13   未分類   ----- 私は 君の 何番目?それを聞いて 私は何を-----
822: 
   2014.05.13   詩のようなもの   ----- 少しだけ 泣くのはよそう 雨が降っているか-----
821: 5月若葉のころ
   2014.05.08   なんとなく文章   ----- 何も浮かばないときはただ身を任せ前髪がさ-----
820: もう少し
   2014.04.30   詩のようなもの   ----- もう少しもう少し と 願うのは君と過ご-----
818: 優しさの中
   2014.04.16   詩のようなもの   ----- このおもいを 誰に伝えようか儚く散る -----
817: 春 桜 君
   2014.04.13   詩のようなもの   ----- 桜舞い花びら君遠く想い届かず-----
816: 
   2014.04.05   詩のようなもの   ----- 巡りめぐってまた、わたしになればいいな今-----
815: 
   2014.03.28   詩のようなもの   ----- 声発する一言で温かくなったわかってるよ -----
814: 何時も
   2014.03.20   詩のようなもの   ----- 桜の花が咲いたら少しだけ私を想い出して下-----
813: あれから
   2014.03.16   未分類   ----- あれから、もう2年になろうとしている「前-----
812: 
   2014.03.15   詩のようなもの   ----- ふと風が僕を追い越しかすかな声大丈夫よそ-----
811: 
   2014.03.12   詩のようなもの   ----- いたずらに 色をかえ私を 惑わすの薫り-----
810: 雑記?
   2014.03.05   未分類   ----- 何が悲しかったのか泣いているうちに 分か-----
809: 
   2014.02.27   詩のようなもの   ----- 花びらからぽとりと雫涙みたいに切なさ 揺-----
808: 少年
   2014.02.25   詩のようなもの   ----- かあさんぼくはいらないこだってかあさんぼ-----
807: あぁ
   2014.02.24   詩のようなもの   ----- 行き場のない哀しみ涙を流してもこの気持ち-----
806: 
   2014.02.23   詩のようなもの   ----- 1つだけ 真実君を好きだということ-----
805: 綾へ
   2014.02.22   未分類   ----- 綾辛くないですか大丈夫君は君だからどんな-----
804: 春遠く
   2014.02.20   詩のようなもの   ----- 春は 遠く優しさを 置いてきたから首筋を-----
803: 夜明け
   2014.02.18   詩のようなもの   ----- 夜は僕を哀しみの世界へ連れていく1人きり-----
802: 満月の夜
   2014.02.16   詩のようなもの   ----- 闇は静かに 身を潜め優しい月明かりが落ち-----
800: 彼女の嘘
   2014.02.08   詩のようなもの   ----- 君が愛した人はもういなくて僕はずっと 君-----
799: それぞれの愛のかたち
   2014.02.02   詩のようなもの   ----- いつもいつでもずっと想いは変わらず愛とは-----
798: 永久に
   2014.01.24   詩のようなもの   ----- 星が瞬く間いくつもの 命が 消え知らぬ間-----
797: 愛なんて
   2014.01.21   詩のようなもの   ----- 愛は 必要とされなけば哀しいものです-----
796: 
   2014.01.14   詩のようなもの   ----- 舞い落ちてきたただ それだけなのにせつな-----
795: 降りだした雨
   2014.01.08   詩のようなもの   ----- 空から 落ちてきたのは冷たい雨私の上に落-----
794: 後悔、
   2014.01.05   未分類   ----- ごめんって 言えたら いいのに-----
792: 
   2013.12.25   詩のようなもの   ----- まだ 降らないきみの街には もう 降りただ-----
791: 恋の行方
   2013.12.25   詩のようなもの   ----- あの日から僕はなにひとつ 成長していなか-----
790: メリークリスマス
   2013.12.25   詩のようなもの   ----- 分かっていたのに 送れないアドレスにメー-----
789: 白い華びら
   2013.12.19   詩のようなもの   ----- 今日が 雪だったら きっと 泣いていた-----
788: 愛していた君に
   2013.12.15   詩のようなもの   ----- さよならと言う他に 何が出来ただろうか-----
787: 1度も叶わなかった願い
   2013.12.15   詩のようなもの   ----- いつも願っていた初雪を一緒に見れたらと真-----
786: 世界に
   2013.12.11   詩のようなもの   ----- ゆっくりと浸食して-----
785: 
   2013.12.03   詩のようなもの   ----- そのうち 多分だけど 笑える日がくるっ-----
784: そっと
   2013.11.30   詩のようなもの   ----- 季節は僕を 置いていく君のいた 時間そこで-----
783: 誓い
   2013.11.24   詩のようなもの   ----- 未来を約束するよりも 今、好きと言っても-----
782: 期限ギリギリ
   2013.11.24   詩のようなもの   ----- 私の身体 ただの入れ物魂の入れ物他に代-----
781: 君の言葉
   2013.11.18   詩のようなもの   ----- 君の言葉は私を包む毛布のようでした-----
780: 逢瀬
   2013.11.16   詩のようなもの   ----- 大丈夫だいじょうぶ と繰り返し 繰り返し唱-----
779: 歩き方
   2013.11.14   詩のようなもの   ----- 歩き方を忘れてしまったそれでも前に進まな-----
778: お詫び
   2013.10.30   お知らせ   ----- 体調不良につき しばらく休みます-----
777: 赤い風船
   2013.10.26   詩のようなもの   ----- あなたが いつ 消えてしまうかと そればか-----
776: 雨の日のセンチメンタル
   2013.10.26   詩のようなもの   ----- 色々悩んでも 私は また同じ場所にいる私-----
775: 勝負のかけひき
   2013.10.22   未分類   ----- もしかしたらって 思っているときはだいた-----
774: 朽ち果て
   2013.10.19   詩のようなもの   ----- いつの間にか、花は枯れ 僕もまた 朽ち果-----
773: 何も要らないよ
   2013.10.12   未分類   ----- 未来なんて 要らないとそんなことを言った-----
772: 別れ
   2013.10.09   詩のようなもの   ----- さようならを待っています臆病な私だから-----
771: 未来
   2013.10.06   詩のようなもの   ----- 見上げたら終りを視るようで 恐くて-----
770: 呟き
   2013.10.03   未分類   ----- もう限界なのかな-----
769: 題名なし
   2013.10.02   詩のようなもの   ----- 今日巡り会えた 景色を 忘れないように -----
768: すき
   2013.09.30   詩のようなもの   ----- やっぱり どうしたって 君が すきなんだ-----
766: 後悔
   2013.09.23   詩のようなもの   ----- 言わなきゃ伝わらないけど言わずに 胸の奥-----
765: 待つよ
   2013.09.19   未分類   ----- 君はもうとっくに 大人でわたしはいつの間-----
764: ありがとう
   2013.09.18   詩のようなもの   ----- 君の優しさ確かに 受けとりましたあの時は-----
763: 日記
   2013.09.15   未分類   ----- 最近、身体の具合が悪い吐き気と頭痛仕方が-----
762: 飽きたから
   2013.09.15   詩のようなもの   ----- 飽きて 捨てた貴方はそうやって私を壊した-----
761: 逢えたら
   2013.09.14   詩のようなもの   ----- Si vous pouvez vous rencontrer Il pleure-----
760: あたし
   2013.09.13   詩のようなもの   ----- 君に 大事な話があるあたしは もう居ない-----
759: 三回忌
   2013.09.12   未分類   ----- 何も知らないから教えてほしい 君のことず-----
758: 晴れた日
   2013.09.09   未分類   ----- 病室から眺めた 夕焼けは綺麗だったけど何-----
757: 桜の木の下であいましょう
   2013.09.08   詩のようなもの   ----- 春 薄紅色の世界の中 -----
755: 好きなもの
   2013.09.04   未分類   ----- 君の 言葉が好きだ君の中に映る 風景が好-----
754: 足枷
   2013.09.03   詩のようなもの   ----- 足枷は君にではなく 僕についていた-----
753: 此処に居る
   2013.09.03   未分類   ----- ここにいる理由もしかしたら ってそう思っ-----
752: 日常
   2013.09.02   詩のようなもの   ----- 生きている?苦しくてもがきそれでも 何と-----
751: ヒトリゴト
   2013.08.31   未分類   ----- 眼を覚ましたら 泣いていたけれど、何故泣-----
750: 中毒
   2013.08.28   詩のようなもの   ----- 君が居ないと なんて僕は 無力なんだろう-----
748: 探し物
   2013.08.24   詩のようなもの   ----- 探し物がみつからないいつもの場所においた-----
746: 嫌な世界
   2013.08.21   未分類   ----- いい加減にしてくれ干渉されるのは まっぴ-----


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

由貴 咲空

Author:由貴 咲空
今はまだ、涙空
けど、 いつか晴れたらいい


即興で書いているため
時々書き直しする事があります。

リンクフリー


↓ランキングに参加中です。良ければぽちっと押していってください。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。