上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



寂しくない?と聞いたあたし


大丈夫だよと答えた君


寂しかったのは あたしだと

気付かされた瞬間
スポンサーサイト

 2011_02_28



傷みが

僕を留まらせている
 2011_02_23



澱んだこの世界を


まだ愛している


もがきながら

生きていく


君がいる世界だから
 2011_02_22


Category: 詩のようなもの  

あんなにも愛しく触れ合っていたのに

酷く噛みついて

血が出るほどの哀しみを背負わせた君
 

なくのを堪えて

なきたくなる程の真っ青な空を

ないてしまった傷みに



僕は絶望したのだ



あんなにも愛しく触れ合っていたのに


僕は

僕は



翼を引きちぎった


血が出るほどの痛みを背負わせた僕
 2011_02_19



新しいモノの中にこそ

古いモノが必要で

その中にこそ

新しい発見があるのだ

分からなくていいんだ


分からないからこそ
知りたいと思う気持ちが芽生える

そんなときこそ
進め、進め、進め!!
 2011_02_18


Category: なんとなく文章  

闇に溺れることが

快感だなんて

よく言うわね

あなた、寂しいだけよ、それ

闇ってどんなものか本当に知っているの?

わたしは知らないわ

だから怖いのよ


 2011_02_18



信じてと言った君を

今は信じて




居なくなった君を

 2011_02_16



苦しいなら


息をして
 2011_02_15


Category: 詩のようなもの  

雪は君のようで


哀しい


空を舞う君は


儚く切ない


黒になりきれずに

白い心を降らせて


あたしの上に

落ちては消える






 2011_02_11



揺れながら
たくましく
小さなその葉を
伸ばす植物

あたしは
揺れ動く心を
必死に落ち着かせようと
胸をギュッと掴んだ

静かに待ちたいのに
風は、時は
葉もあたしも揺らすのだ

同じように生きているのに
どうしてこうも違うのだ


葉とあたし 
君とあたし
 2011_02_01




01  « 2011_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

由貴 咲空

Author:由貴 咲空
今はまだ、涙空
けど、 いつか晴れたらいい


即興で書いているため
時々書き直しする事があります。

リンクフリー


↓ランキングに参加中です。良ければぽちっと押していってください。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。