上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



疲れきって


なだれ込んだベットは

冷たく無表情に包み込む



それが身体に染みて

涙が出た



寒くて


全てが


寒くて


泣けた
スポンサーサイト

 2011_11_30


言葉

Category: 未分類  

好きよ


その口調が
 2011_11_26



信じている


そう言って


僕は


君に何を聞こうとしてたんだろうか


信じている


そう言ったのに
 2011_11_26



今の私には 強がる事しか

君のためにしてあげられない

忙しく頑張る君に

大丈夫だからと私は言った


素直じゃないと 言われるかもしれない

それでも私は 君と私のこの距離を

大切にしたいから

大事にしたい君のこと

誰よりも君を想っているから
 2011_11_24



枯れ葉をわざと踏みしめ
カサカサと音を立てることで

秋という季節だからと
わざわざ言い訳をつくったりしている私は

少しおセンチになっているのかもしれない

ううん、
きっと、そう思おうとしている自分に酔っているのね

秋はそうそうに切り上げて、代わりに冬がやってきそうな気配
北風は私の頬を撫でて、アピールする

吐く息は、夜空に白く溶けていく


あの人と私

曖昧な蜜

甘いようでさっぱりとして 残らないの


私は春を待っている
来ないかもしれないあの人と春を
 2011_11_23





君に
 2011_11_20


Category: 詩のようなもの  

夜がくる


とても
とても

静かな


夜が来る


寝息さえも 聞こえず


ただ

そこに




夜が来る

 2011_11_19




誰のせいでもなく



あたしのせい

 2011_11_19



沈黙



君が残したもの
 2011_11_18



あたしは 何を


何を 

何を?








 2011_11_17



忘れるはずだった
けれど

忘れさられたのは僕だった











 2011_11_17


Category: 詩のようなもの  

君の海に堕ちて  逝きたい







 2011_11_16



僕の中にも

削除ボタンがあって

あの人の想い出や 好きな気持ちも

全部、消してしまえれば

この何とも言いようのない

切なさや 孤独感 哀しみ 愛しさをも

消えるだろうか


人である ただそれさえも 消えたなら


 2011_11_16



寂しがり屋の 貝殻

それが僕



 2011_11_13





君のなかの僕が 優しい人なら


君のなかの僕を 殺めて欲しい


僕は優しくなどないから


そうさ

我が儘なのさ



 2011_11_13




10  « 2011_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

由貴 咲空

Author:由貴 咲空
今はまだ、涙空
けど、 いつか晴れたらいい


即興で書いているため
時々書き直しする事があります。

リンクフリー


↓ランキングに参加中です。良ければぽちっと押していってください。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。