FC2ブログ

柵の向こうに

2008.07.09 20:52
雲の合間から

無数の光の筋

心の静寂は

小鳥によって汚された



もしもあのとき あなたが

私を 強く握りつぶしていてくれたなら

哀しみに暮れることもなく

溶けていたでしょう



もしもあのとき

木漏れ日が揺れていたなら

いつまでも夢の中で踊っていたでしょう




白い羽赤く
折れた翼を 舐めて



小鳥を



握りつぶした


・・・・・・・・・・・・・・・・
「僕のポケット」2006年6月   by アレクシエル

一部修正
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment